関越自動車道が縦断|耐震性が高い注文住宅!長く安心して暮らせる家
積み木の家

耐震性が高い注文住宅!長く安心して暮らせる家

関越自動車道が縦断

マンション

駅周辺から閑静な住宅地

大泉学園は西武池袋線の駅の名称として知られていますが、駅周辺は東大泉と言う住所で在り、関越自動車道が縦断しているエリアに大泉学園町があります。池袋までのアクセス環境が高いエリア、駅の北東側には関越自動車道の大泉ICが在るなどの理由から、このエリアで一戸建て住宅を求める人も多く、駅近くから大泉学園町に至るエリアにかけて閑静な住宅地になっています。不動産会社のホームページでは一戸建て住宅などの物件情報を入手する事が出来るようになっていますが、一戸建てを探す場合には西武池袋線の大泉学園駅で調べる方法、東大泉や西大泉、大泉学園町などの地名で調べる方法が用意されており、このエリアに精通していない場合には駅名で調べる方法がお勧めです。

土地価格

大泉学園駅が在る場所は東大泉、その西側は西大泉、二つのエリアの北側は大泉学園町と言った具合に、大泉学園と言ってもエリアは広くなります。一戸建て物件を見つける場合、駅から離れる事で土地価格が下がる事になるため、一戸建て住宅の値段自体も、東大泉や西大泉よりも大泉学園町の坪単価が安くなっているケースもあります。また、大泉学園町は畑が多く在るエリアでもあり、畑の中に住宅地が点々としているため、静けさが在ると言った特徴もあります。因みに、物件の中には従来畑として利用されていた土地に一戸建て住宅が建築されているケースもありますが、畑として利用されていた土地は、土地の用途でもある地目変更が行われた事で家が建築されています。